第1回 ウダウダの会

宇陀に住む人たちが集まって、何となく日頃感じることをウダウダと雑談する会の第1回が平成23年5月29日(日)に行われました。
あいにくの雨模様の中、12名の人が参加し、初会合の割りにたくさんの参加者に恵まれました。

第1部は、「ウダウダ★ランチタイム」と称して、まずは自己紹介などをしながらウダウダとカレーとサラダを食べました。大宇陀の人、榛原の人、菟田野の人、室生の人、そして桜井からもお越しの方もいて、少ない人数ながらも広範囲の方が集まりました。偶然のことですが、宇陀のほうに引っ越してきて3,4年の30代~40代という方が多くて、昔から宇陀にいるのは、ゲストの勝井さんぐらいという状態に、地縁でも子育て仲間でも仕事のつながりでもないまた別の新しいつながりがこれから芽生えて行けばいいなあと思いました。
第2部は、「東日本大震災報告会」ということで宇陀市議の勝井 太郎さん(http://blog.livedoor.jp/tkatsui/)をお招きして、去る5月10・11日と東松島市を訪問された
時の報告をしていただきました。2ヶ月たっても変わらない被災地の状況の報告をしていただきました。被災地にも長くから住民が住んでいる地域もあれば、当然、新興住宅地と呼ばれる地域もあり、その新興住宅地の割と希薄な地域のつながりの中での復興というのは、いろいろ難しい問題があるのでしょうねという話になりました。天満台からお越しになった方も、あちらは鉄砲水の危険がある土地なのですが、昼間は若い人は仕事に出ていて、そういったときにどういう風にお年寄りの方の安全を確保するのか、また、最近役が当たるのを避けるために自治会に入らない世帯もあるのだが、そういった災害の際の支援物資の供給はどうするのかなどいろいろ課題はあると話されていました。


いろいろ話が出来て良かったと言う感想が多かったので、良かったです。